2017年 08月 4日

デイルーム藤井寺 家族会を開催しました

デイルーム藤井寺では6/26から7/1まで、フリー参加型の家族会を開催しました。
この一週間に行った曜日対抗テーブルホッケー大会に、ご家族の方々にも参加して頂きました。テーブルホッケーのルールは、テーブルに6、7名座り、それぞれ1箱ずつ箱ティッシュを持って頂きます。「エイエイオー!」で士気を高め、「スタート!」の合図でカラーボール1球を投入し、テーブルから落とさないようにティッシュ箱を滑らせ、パスし合います。(落ちてもすぐに拾って続けることができます。)3回勝負で3回戦はボールが2球になり非常に難しくなりますが、優勝チームはくまさんかき氷(特別おやつ♥)が食べられるということもあって(?)か、はたまた穏やかな皆様の中のフツフツと湧き上がる闘争心か、普段以上に身体のキレが良く、どのチームも一丸となり、ご家族の協力もあって、大変盛り上がりました。

テーブルホッケイ1.jpg

P1030664.JPG

テーブルホッケイ3.JPG

その後は家族交流会を開催し、職員からお一人ずつご利用者の普段の様子をお伝えし、なかなか顔を合わせる機会のないご家族同士で、それぞれに工夫されていることや今後のこと、お悩み事などを話し合い、大変充実した時間を過ごすことができました。また、施設内をご案内し、ご利用者の活動の様子や展示している利用者作品などを見学して頂きました。

P1030642.JPG

藤井寺家族会(201706)1.jpg

また、家族会終了後にアンケートを実施し、ご家族からご意見・ご要望を頂きました。

・個人に合わせて、ひとりひとり対応して頂いていることがよく分かりました。持っている「楽しい」「嬉しい」と思う気持ちを大切にして頂いてすごく有難いです。
・職員の皆さんが明るく、雰囲気が良いです。
・簡単な言葉に変えて説明をして頂き、大変理解できました。
・アートクラフトや書道、水墨画、ちぎり絵の作品が多くあり、他のご利用者の取り組みがよく分かりました。

沢山のご意見をお寄せ下さいまして、ありがとうございました。今後も開放感のあるデイサービスを目指し、取り組んでいきたいと思っております。今回、24家族(30名)の方が参加してくださいました。皆様、お忙しい中本当に有難うございました。

投稿者 hcgblog : 13:50 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2017年 07月 6日

バリアフリー展バザー協力への感謝状授与

先日のブログでもご紹介しましたが、『第23回高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展「バリアフリー2017」』にハートケアグループも出展しました。ブース内に今年もバザースペースを作り、当グループの事業所のご利用者の方々が制作された作品を販売させて頂きました。

バリアフリー展感謝状1.jpg

バリアフリー展感謝状2.JPG

4/20から4/22の3日間で合計154点、売上18000円となり、売上金は全額日本赤十字社を通して熊本地震の義援金として被災地に届けられます。

バリアフリー展感謝状3(赤十字受領書).jpg

バザーにご協力くださったのは、リハビリプラザ富田林・リハビリプラザ藤井寺・リハビリプラザ大東・リハビリプラザなでしこ・リハビリプラザ交野・青蓮荘の6事業所のご利用者で、感謝の意を表して、ハートケアグループの副代表 米永まち子より感謝状とバリアフリー展当日の様子の写真をお渡ししました。
どの事業所でも、他のご利用者からバザーに協力をされた方へ温かい拍手を送られ、バリアフリー展当日の様子の写真を見ながら楽しそうにお話をされていました。バザーに協力してくださった方々も、前に出て感謝状を受け取られる時には少し照れたご様子でしたが、記念撮影では感謝状をしっかり持って素敵な笑顔を見せてくださいました。

バリアフリー展感謝状4(富田林).jpg
リハビリプラザ富田林(通所介護/大阪府富田林市)

バリアフリー展感謝状5(藤井寺南).jpg
リハビリプラザ藤井寺(通所介護/大阪府藤井寺市)

バリアフリー展感謝状6(大東).jpg
リハビリプラザ大東(高齢者住宅併設通所介護/大阪府大東市)

バリアフリー展感謝状7(青蓮荘).JPG
青蓮荘(有料老人ホーム/大阪府門真市)

バリアフリー展感謝状8(交野).jpg
リハビリプラザ交野(通所介護/大阪府交野市)
昨年の感謝状がフロア内に飾ってあり、ご利用者の方に喜んで頂けているようでした。

バリアフリー展感謝状9(松阪).JPG
リハビリプラザなでしこ(通所介護/三重県松阪市)

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

投稿者 hcgblog : 13:46 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2017年 06月 22日

「PARC(パルク)にしのみや」オープン

はじめまして!「PARC(パルク)にしのみや」は平成29年6月1日にたくさんの方々のご支援の下、兵庫県西宮市に児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援の3本柱を軸として無事に開設することができました(*^_^*)
PARC(パルク)にしのみや1.png
PARCでは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・臨床発達心理士がお子さま一人ひとりに合わせたプログラムを計画・立案し、保育士・児童指導員と連携しながらお子さまが過ごしやすい環境を整えていくお手伝いをさせていただきます。

オープンに先駆け5月20日に開催したオープニングセミナーには、PARC開設にあたって参考とさせていただいた株式会社奏音・株式会社奏音まつやま代表取締役で作業療法士の森川敦子先生にお越し頂き「気になる子どもの行動と心の理解〜子育てワンポイントアドバイス〜」をテーマに講演をしていただきました。当日は、土曜日にも関わらず多くの方にご参加いただき、参加者の方々からは「子どもの見方が変わった」「落ち着きがない子にもきちんとした理由があることが分かり、とても良かった」などのお声があがりました。
PARC(パルク)にしのみや2.jpg
6月1日のオープン以降は、様々な方にご見学や体験などにお越しいただきお子様はもちろん大人の方にも「落ち着く空間」「安心できる」などの感想をうかがい、喜びとともに、スタッフ一同開設にあたりお力添えいただいた皆様への感謝の思いを強く感じております。
PARC(パルク)にしのみや3.jpg
これからも皆様とのご縁を大切に、PARCに集まるすべての方にとって、ホッとできる"公園"のような場所となるように、力をあわせて邁進して参ります。是非お気軽に「PARC(パルク)にしのみや」へお越し下さい。職員一同笑顔でお待ちしております!
PARC(パルク)にしのみや4.jpg
PARC(パルク)にしのみや スタッフ写真

PARC(パルク)にしのみや5.jpg
PARC(パルク)にしのみや開設準備室 スタッフ集合写真

投稿者 hcgblog : 17:07 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2017年 06月 20日

リハビリプラザ交野7周年記念イベント

5月11日(木)から5月13日(土)の3日間、リハビリプラザ交野で7周年記念イベントを開催しました。イベント前日にはご利用者・スタッフ全員で装飾を製作し、フロア一面に飾り付けをし、記念撮影コーナーも設置しました。

交野7周年イベント1.jpg

交野7周年イベント2.JPG

1日目の5月11日(木)は、午後からのレクリエーションの時間で、ヘルマンハープ演奏会を楽しんで頂きました。当日4名のボランティアの方が来所され、美しい音色でたくさんの曲目を演奏して下さいました。演奏終了後には実際にヘルマンハープの楽器をご利用者1人1人に手にとって触らせて頂き、とても貴重な体験をさせて頂きました。

交野7周年イベント3.jpg

交野7周年イベント4.jpg

演奏会の後はお楽しみのスペシャルスイーツの生ロールケーキ(交野市内にある洋菓子店特注です)を堪能されました。

交野7周年イベント5.JPG

5月12日(金)、13日(土)は昼食に特製ちらしずし弁当(交野市内にある寿司店特注です)をご利用者・スタッフ一緒にフロアで美味しく頂きました。

そして、午後のレクリエーションの時間でスタッフによる全力の!?出し物(余興)を披露しました。なかなか練習する時間がなく、台本を渡され、動画で踊りの確認をするぐらいのことしかできませんでしたが、普段からチームワークバッチリのスタッフばかりですので、まったく問題なしでした(笑)
まずは、スタッフがマスクを被って行う、"クイズ-このスタッフは誰でしょう-"のコーナーからスタートし、暑い中、職員がマスクを被って特技を披露したり、スタッフの暴露話をしたり、汗で化粧がなくなるまで頑張ってくれました。

交野7周年イベント6.jpg

そして、超長いストロー早飲み大会、5本指ソックス早履き大会、パンスト相撲と普段の業務より過酷な余興をスタッフ全力で披露し、フロア全体が大爆笑で、中には笑いすぎて泣いておられるご利用者もおられました。

交野7周年イベント7.jpg
<超長いストロー早飲み大会>

交野7周年イベント8.jpg
<5本指ソックス早履き大会>

交野7周年イベント9.jpg
<パンスト相撲>

この3日間のイベントに来て頂いたご利用者に記念写真コーナーで写真を撮らせて頂き、写真に飾り付けをして1人1人にプレゼントしました。

交野7周年イベント10.JPG

また、帰りの送迎車両の中はどの車もイベントの話で盛り上がっていたそうで、スタッフ一同も喜んでいました。
来年の8周年記念イベントも乞うご期待。

交野営業所 営業所長 森本 孝好

投稿者 hcgblog : 16:14 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2017年 05月 11日

バリアフリー2017に出展しました

今年も『第23回高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展「バリアフリー2017」』がインテックス大阪にて開催され、ハートケアグループも昨年に引き続き出展しました。この「バリアフリー2017」と、同時開催の「慢性期医療展2017」「看護未来展2017」には、4月20日から22日の開催期間中、計91,356人の方が来場されました。

バリアフリー2017(1).png

出展ブースには、ハートケアグループの会社紹介や、デイサービス・有料老人ホームのご利用者の様子、今年6月に開設予定の児童デイサービス「PARCにしのみや」をご紹介したパネルを展示しました。

バリアフリー2017(2).png

また、昨年と同じく、グループ内のデイサービスのご利用者が制作された手芸作品もバザーとして販売しました。入居施設やデイサービスについてのアンケートも実施し、回答していただいた方にはプレゼントをお渡しして、ブース内を見学していただきました。PARCにしのみやのパネルで記念撮影していただいた方には、オリジナルトートバッグをプレゼントしました。

バリアフリー2017(3).png

バザー作品としては、ティッシュカバー・コースター・帽子などの作品を販売しました。見事な出来栄えの作品は好評で、「こういう手作りの好きやねん」「孫に買っていくわ」と次々と売れてゆき、中には1日目にこちらで買った帽子をかぶって再度ブースに来てくださった方もおられました。介護事業所の職員の方からは「こんなに器用にレベルの高い作品を作れてすごいです」「こういう形で社会参加できて良いですね」と言っていただけました。バザー作品154点の売上18,000円は、全額日本赤十字社へ寄付いたします。

バリアフリー2017(4).png

展示についても、「パネルの写真のご利用者の笑顔が良い」「職員も良い笑顔で、楽しんで仕事しているのが伝わってくるので、ご利用者にも良い影響を与えると思う。こんなところで働きたい」と言っていただくことができました。
また、他の出展スペースでは各種セミナーや機器のデモンストレーションが盛んに行われていました。身体を動かしづらい方でも簡単に使える器具や、障がい者のためのスポーツの紹介、認知症の疑似体験、移動用リフトの試乗など様々なブースがあり、来場者が熱心に見入っていました。イベントステージでは、聴導犬・介助犬の紹介や、車いすの点検・整備方法の講座などが行われていました。

バリアフリー2017(5).png

期間中、ブースには800人を超える方が訪れて下さいました。医療系の学生の方は「現役の療法士の話を直に聞ける」「訪問リハビリって実際どんなもの?」と目を輝かせて質問されていました。運営のヒントを求めてきた介護事業所の職員の方は、レクリエーションの内容について質問され、「参考にします」と写真を撮影されていました。昨年にブースに来てくださった大阪府外の京都・兵庫・和歌山・奈良の方が今年も来て下さり、嬉しいことに"ハートケアグループ"と"ハートちゃん"を覚えてくださっている方も多くおられました。

バリアフリー2017(6).png

今回の出展では、思わぬところでのご縁や、新たな繋がりを感じることができました。遠方の地域のケアマネジャーの方からは「メディケアの訪看さんにはお世話になりました」と声をかけていただきました。当社の事業所の近くにお住まいの看護師の方からは、「いつもデイサービスの職員が良い笑顔で対応しているのを見て、定年後はぜひここでボランティアしたい」と嬉しい言葉をいただきました。日頃から交流のある近隣の地域の事業所とも挨拶を交わし、パネルをじっくり見ていただいて、改めてハートケアグループについて知ってもらう機会を得ることができました。
これからも、皆様とのご縁を大切に、より良いサービス提供に努めていきたいと思います。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

投稿者 hcgblog : 12:26 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ