今年1月15日に上棟式を執り行い、建て替え工事が進んでいた住宅型有料老人ホーム「青蓮荘」がまもなく完成し、いよいよ8月1日にオープンを迎えることになりました。
門真市三ツ島青蓮荘_東-1-500.jpg
門真市三ツ島青蓮荘_南東-500.jpg
「青蓮荘」は門真市三ツ島3丁目にあり、周辺にはアウトレットモールやなみはやドームがあります。交通の面では大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線門真南駅から歩いて約6分、近畿自動車道門真ICまたは大東鶴見ICからも車で数分という非常に便利な場所にあります。
青蓮荘アクセス-500.png
新しい「青蓮荘」は3階建てで、居室は全60室。全室個室で各部屋はエアコン、トイレ、洗面、照明器具、洋服ダンス、カーテン付の明るく快適な居室です。全室バリアフリー設計で、緊急コールボタンを設置しています。
1階には通所介護施設「デイルーム青蓮荘」を併設しています。ここではレッドコード(スリング)やサーキットマシンを備えています。体を動かすもよし、のんびりするもよし、毎日をその人らしく楽しく過ごしていただければと考えています。
お風呂については、寝たきりの方でも楽に入浴を楽しむことができる浴槽も用意しており、たくさんの方にお風呂を楽しんでいただければと思っています。
お食事は多くのご利用者の皆様が楽しみにされています。現地調理で作りたてのお食事をご利用者の皆様に味わっていただきたいと思っています。
7月1日発行のハートケア通信7月号にも青蓮荘オープンの詳細内容を掲載する予定です。
さて、7月15日(水)に完成披露式典を執り行い、7月16日(木)から20日(月)までの5日間、下記の予定で内覧会を開催する予定です。
青蓮荘内覧会.jpg
たくさんの方々にお越しいただければと思っています。皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。
パース図3.jpg