日本の伝統的な遊びといえば折り紙。

 

ご利用者にとってはなじみ深いもので、

趣味活動の時間で様々なものを作っています。

 

今回は、ケアホーム長吉(有料老人ホーム/大阪市平野区)での

折り紙の趣味活動の様子をご紹介します。

挑戦した作品は蝶と花。

蝶の羽は少し折り目をつけたり、花も花びらの向きを考えて反らせたり、

立体感のある作品に仕上がりました。

 

実はこの作品、作ったのはご利用者と、職員のサパナさん!

サパナさんは日本への留学生で、

折り紙は幼い頃、ネパールの学校で習ったそうですよ。

 

言葉、文化、年齢が違っても、折り紙を通して一緒に楽しむことができて感動!

 

いつもより難易度の高い作品に他のご利用者からも「すごいね!」と褒められ、2人とも嬉しそうにはにかんでいました。

その他にも、ちぎり絵などの作品にも取り組み、フロアに飾っていますよ。

ハートケアグループ有料老人ホームHPはこちら

https://www.medi-care.co.jp/n-home/

ケアホーム長吉の詳細はこちら

https://www.medi-care.co.jp/n-home/facilities/nagayoshi/